ニュース news ニュース news

ニュース

news

「AI×農業」に向けて新プロジェクト発足  AI分野の技術者教育、実験開発に着手  2018年内、システム第一弾完成予定

ニュース

2018.10.22

ITソリューションを提供して「AI×農業」を目指す株式会社LOWCAL(本社:東京都渋谷区、代表:代表取締役 本間修一 以下当社)は、当社ハッカソンプロジェクト「Lab.it」※1の一環で「LOWCAL AI Laboratory」(ロウカル エーアイ ラボラトリー 以下、LALと省略)と題し、AI※2(人工知能:Artificial Intelligence)の画像認識技術を応用した「AI×受付」システムの開発に2018年9月より着手いたしました。

※1 「Lab.it」については以下をご参照ください。
URL:https://labit.l-owcal.com
※2 AIとは
人工知能のこと。人間の脳がおこなっている知的な作業をコンピューターで模倣したソフトウェアやシステム

 

【LALとは】
AI技術の開発をプロジェクトとして進めるため、大学の研究室のような研究・技術開発ができる環境を整備しLaboratoryとして発足したチームです。

【LAL発足の理由】
日本におけるAIはようやく実用に至り始め、それに伴い需要は急速に加速しあらゆるジャンルにおいて活用が期待されています。しかしその反面、まだまだAIの仕組み自体が発展段階であり参入の余地があると考えています。
AIと一括りにしても領域が広いため、どの分野で参入するか検討を重ねてきました。
検討を重ねる中、AI技術を習得している技術者が当社に不足していることや、有識者の採用も困難なこともあり、教育・育成にてAI開発に長けた人材を育てていく方針としLALを発足しました。
LALは小売や医療など様々な分野のシステム開発やデータ分析の実績があり、AI開発支援を手掛けている小林 範久氏(経歴、以下参照)に監修いただきます。

〈第1段階~座学~〉
参加希望者を募り2018年2月~7月にかけて座学中心のトレーニングを受講しました。
〈概要〉
・Python(Numpy、Pandasなどのライブラリを含む)
・機械学習※3
・ディープラーニング(CNN、RNNなどのアルゴリズムを含む)※4
・画像認識や物体検出の演習

※3 機械学習とは
データをコンピュータが解析し、法則性やルールを見つけ出す技術・手法。 一般的な機械学習は、特徴量(データにどのような特徴があるかを定量的に表現したもの)の設計や選択は人間が行う。
※4 ディープラーニングとは
機械学習の一種でニューラルネットワーク(人間の脳を模した構造)を多層にしたアルゴリズム。 ニューラルネットワークの層を何層にも重ねることで、特徴量もコンピュータがデータから自動的に学習する。

〈第2段階~実験開発~〉
「AI×農業」を実現するために必要な「画像認識」と「物体検出」技術を使用した実験開発を行います。
今回開発するのは「AI×受付」システムです。全社員の顔をAIに学習させ、エントランスに設置したカメラによって人が入ってきた際に社員の顔と照合し、社員の場合 と 来客者の場合 を AIが判断し、その結果に応じた挨拶をする技術の実現を目指します。

使用する技術は画像・動画認識技術として活用されているCNN※5やYOLO※6などディープラーニングのアルゴリズムが主となります。

※5 CNNとは
CNN(畳み込みニューラルネットワーク:Convolutional Neural Network)とは ニューラルネットワークに畳み込み演算と呼ばれる演算とプーリング(Pooling)と呼ばれるノイズ処理を追加し、ネットワークを多層に重ねたアルゴリズム。

※6 YOLOとは
物体検出において、「画像の領域推定(物体がどこにあるか?)」と「分類(その物体が何であるか?)」を同時に推定するアルゴリズム。処理速度が速いため、リアルタイムでの処理が可能。

〈第3段階~LALの可能性~〉
LALの取組みは、今後幅広く多種多様な市場へ展開できることが予想できます。 囲碁のAIとして注目を集めたAlphaGoや、自動運転・機械の制御で活用されている「強化学習」、「時系列データの分析」、「異常検知」など、農業の分野へ活用が見込める技術に注力していきます。

株式会社LOWCALは、より多くのAI技術者を輩出し、「AI×農業」を通し1次産業および日本のAI技術向上への貢献を目指します。

小林 範久氏
・略歴
新卒にて大手IT企業に入社。コンビニエンスストア向けのシステム開発に従事。
現在は、株式会社Present Squareにて医療、小売、サービス業など幅広い業種のAI開発支援やコンサルティングに従事。 東京大学松尾豊研究室主催のDeep Learning JPに所属。
・保有資格
Deep Learning for General and Engineer 、データベーススペシャリスト、 中小企業診断士
【会社概要】
社名:株式会社LOWCAL
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-9-6アストゥルビル5F
URL:https://l-owcal.com/
代表:本間修一
資本金 :3,000万円
事業内容:ソフトウェア開発事業、デザイン制作事業、アプリ開発受託、人材派遣事業( 般 13-305929 )、有料職業紹介事業( 13-ユ- 306629 )、農産物卸事業

<サービスに関するお問い合わせ先>
株式会社LOWCAL
プロジェクトマネージャー(PM):森田孝之
TEL .03-6809-0467  FAX.03-6809-0468
e-mail. info@l-owcal.com

<リリースに関するお問い合わせ先>
株式会社LOWCAL
広報担当:田村
TEL .03-6809-0467  FAX.03-6809-0468
e-mail. pr01@l-owcal.com

トップへ